旬をお届け 今月の成田山 ひとこと説法「今月のひとこと説法」

今月のひとこと説法

御僧(おんそう)の法話すませし団扇かな 芝 不器男(しばふきお)
七月中旬、暑さ厳しき境内に目を向けると団扇や麦茶、風鈴など身近なものに涼を求める姿を目にします。
 団扇は煽いで風を起こし、涼を得るための道具です。竹の骨に紙を張り、柄を付けたものが一般的ですが、伝統的な柄や絵巻をあしらった京団扇や、切り絵を配した奈良団扇、柿渋を塗った丸亀団扇など様々です。
 夏、蚊や蝿などを払うために使った「打ち羽」が語源で、本来中国語だった団扇が日本に渡来し「打ち羽」に対応する漢字として当てられました。平安時代中期に源順(みなもとのしたごう)が編纂した『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』には、風をおこす団扇を「うちは」、貴人の顔を隠す扇を「あふぎ」とする記述があり、古くから夏の涼を得るものとして親しまれていたことが窺えます。
やや古りし団扇なれども捨てがたし 東皐(成田山中興第十八世荒木照定貫首)
 どこへ行っても冷房が当たり前になって いる今日、先人たちが大切にしてきた暑さを凌ぐ生活の知恵はほとんど見られなくなりました。簾(すだれ)越しの涼風。打ち水で感じる涼しさ。汗をかいて感じる爽快感。団扇の風に感じる慎ましやかな涼しさ。
 今一度、日本人が培った涼の素晴らしさに目を向け、自然と共に生きた時代を再認識したい夏です。

このページの先頭へ戻る

今月の成田山

今月のひとこと説法